音楽

「謝敷節」- 古典音楽

謝敷節じゃしちぶし:工工四

 

謝敷節の工工四

工工四(簡易版)クリック→PDF(843KB)より印刷・保存

 

歌詞

 

謝敷板干瀬にじゃじちいたびしに 打ちやり引く波のうちゃゐふぃくなみぬ

謝敷みやらびのじゃじちみやらびぬ 目笑ひ歯ぐきみわれはぐち

 

謝敷の浜の平たい板のような岩瀬に寄せては引く波の打ちしぶきは、

謝敷の乙女が微笑んだ歯並びを思わせてくれる。

謝敷の板干瀬

沖縄県国頭郡国頭村謝敷おきなわけんくにがみぐんくにがみそんじゃしきの国道58号線沿いに連なる浜辺。

板干瀬いたびしとは海中の炭酸カルシウムのセメント作用によって、砂やれきが板を敷いたように固結した岩瀬のこと。

みやらび

女童、乙女。

 

謝敷の浜

連なる謝敷の浜 - 画像提供:PIXTA

 

楽曲の解説

謝敷節じゃしきぶし」は国頭郡国頭村謝敷くにがみぐんくにがみそんじゃしきに連なる浜辺が舞台の歌曲です。

謝敷の浜はサンゴ片からなる砂浜と板のような形状をした岩瀬が特徴的で、波打ち際に打ち寄せる白波を乙女の微笑む姿に映し重ねてんだ句です。

『標音評釈琉歌全集』には17首収録されており、恋歌のほか自然や季節の情景をんだ琉歌などが収められています。

 

謝敷節じゃしちぶし尚穆王しょうぼくおう

秋の野にのがすあちぬぬにぬがすぃ 鶯のほけるうぐいすぃぬふきる

春のおもかげをのはるのうむかぢぬ 残てをためぬくてぃをぅたみ

 

秋の野にどうしてうぐいすがさえずっているのか、

春の面影が残っているためか。

のがす

どうして。何故。

ほける

さえずる。

 

※略歴

尚穆王しょうぼくおう(1739年-1794年)
第二尚氏王統だいにしょうしおうとう 第14代琉球国王(在位 1752年 - 1794年)
統治した期間は災害が相次いだこともあり、国の基盤を建て直すための制度を整備。

 

補足

 

囃子

謝敷節じゃしきぶし」の工工四に記載してある”ウネ エヰ シュラヨウ”の囃子は”ほんとうに美しい”という意味になります。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆粒ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.