音楽

「ごえん節」- 古典音楽

ごえん節ぐゐんぶし:工工四

 

 

歌詞

 

御縁あて弟ぎやぐゐんあてぃうとぅぢゃ いきやて嬉しさやいちゃてぃうりしさや

うちはれて遊べうちはりてぃあすぃび わみも遊ばわぬんあすぃば

 

ご縁があって弟に会えたことは嬉しいことだ。

心置きなく遊んでくれ、私も思う存分に遊ぶとしよう。

弟ぎやうとぅぢゃ

兄弟間で弟を呼び交わすときの言葉。

兄を呼ぶときは兄ぎやすぃぬじゃと呼んでいた。

うちはれてうちはりてぃ

  • 開いて。(開放的)
  • うちはれの遊びうちはりぬあすぃび」(※補足に追記)

 

曲目解説

遠く離れて暮らす兄弟たちと再会できた御縁ごえんしゅくしてまれた歌曲です。

昔は現代のように交通機関も発展しておらず、また連絡手段もとぼしかったため家族兄弟が再会できた喜びは一入ひとしおであったことでしょう。

ごえん節ぐゐんぶし」は祝儀的な歌詞の内容とその曲想から、現在では「かぎやで風節」と組み合わせて祝いの座で演奏されます。

 

補足

 

うちはれの遊びうちはりぬあすぃび

古くより沖縄では災害や病疫をはらしずめ、村集落の繁栄を祈願する祭祀さいし行事「シヌグ」が各地方でおこなわれていました。

「シヌグ」で演じられるもよおしの一つに「うちはれの遊びうちはりぬあすぃび」と呼ばれる神事があります。

うちはれうちはり」の語源は「雲が晴れる」、「疑いが晴れる」などを意味する「はりゆん」と、発端ほったんを示す接頭語せっとうごの”うち”をつけた「うちはりゆん(意味 = おおいかぶさったものが急に取れる)」が 転訛てんかしたものに由来します。

うちはれの遊びうちはりぬあすぃび」は身に着けている(おおいかぶさった)着物(不浄ふじょうなもの)を取り、生まれたままの姿で場を清め祈願する習わしです。

尚敬王しょうけいおう(在位:1713年 - 1751年)の時代、外交問題より風紀を危惧きぐした政府によって「シヌグ」が禁止されてからは「うちはれうちはり」の言葉も徐々に使われなくなりました。

マブイ
歌人の恩納なべなびーうたった「恩納節」は、大衆の想いを込めて当時の政治体制を揶揄やゆしてつくられた歌曲です。

 

略歴

尚敬王しょうけいおう(1700-1752)
第二尚氏王統しょうしおうとうの第13代国王。
教育と文化振興に力を入れ、琉球王国を文化大国へ導いた名君めいくん
現代に伝承でんしょうされる芸能文化の多くがこの時代に生み出される。
1719年には台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された組踊(国の重要無形文化財、世界のユネスコ無形文化遺産)が誕生。

 

※略歴

恩納なべうんななびー(18世紀頃)
確証性のある文献はないが現在の沖縄県国頭郡恩納村に生まれ、尚敬王の時代(1713~1751年)に活躍した女流歌人という言い伝えがある。
自然の情景、恋情を情熱的に詠む作風で、代表する作品には琉球古典音楽「恩納節」の琉歌がある。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.