音楽

「大田名節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

大田名の嫁やうふだなぬゆみや なりぼしゃやあすがなゐぶしゃやあすぃが

石原あさ道のいしやらあさみちぬ くみのあぐでくみぬあぐでぃ

 

大田名うふだなの嫁にはなりたいが、

石混じりの道を歩くことは難儀なんぎであります。

大田名うふだな

  • 伊平屋島いへやじまの北部に位置する田名だな集落。国の天然記念物に指定された伊平屋いへやの象徴「念頭平松ねんとうひらまつ」を中心に美しい田園地帯が広がる。

伊平屋島いへやじま

  • 沖縄本島の辺戸岬へどみさきから北西約40kmの海上に位置する島。起伏に富んだ地形で200メートル級の山々が連なりをみせ、山間には田園地帯が広がる。年間を通じて安定した温暖気候で、稲やサトウキビ栽培、モズクの養殖を中心とした産業がおこなわれている。

石原あさ道いしやらあさみち

  • 石混じりの道
  • 砂利道

くみふみ

  • 歩く
  • 水を汲む - 『標音・評釈琉歌全集/武蔵野書院版』によると、伊平屋島いへやじまの北部地方では「カ行」を「ハ行」で発音することがあるため、「汲み(クミ)」を「フミ」と発音したのではないかと記載されている。

 

伊平屋島の田園風景

伊平屋島の田園風景

 

解説

生まれ育った土地を離れ、環境の変化に戸惑いながらも一人とついでゆく女性の心情をみ込んだ歌曲です。

美しい田園が広がりをみせる田名だなの地域は、かつて三つの集落から構成されており、のちに統合されてから「大田名うふだな」と呼ばれるようになりました。

歌に登場する「あさ道あさみち」は、アサ岳(標高:218.1m)のふもとを通る石混じりの道のことを指しており、平成21年(2009年)には道路の改良工事がおこなわれ、完成記念として「大田名節うふだなぶし」の歌碑が設置されました。

 

補足

 

古謡

島尻郡伊平屋村田名しまじりぐんいへやそんだなにある公民館には「大田名節うふだなぶし」の原歌とつながりのある歌碑が建てられており、この古謡は臼太鼓うしでーく(※1)と呼ばれる祭祀さいし行事で代々歌いがれてきました。

 

臼太鼓うすぃでーく(※1)

災害や病疫をはらしずめ、村集落の豊穣や繁栄を祈願する祭事。

円陣をつくって直径30cmほどの小鼓にあわせて歌いながら踊ります。

 

田名の臼太鼓

田名の臼太鼓の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.