音楽

「揚口説」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

1.

げにや都のぢにやみやくぬ 春の空はるのすら

出づる日影もいんづぃるふぃかぢん のどかにてぬどぅかにてぃ

咲くや桜にさくやさくらに 梅の花うんみぬはな

2.

色と匂にいるとぅにをぅいに 誘はれてさすわりてぃ

老も若きもういんわかちん 諸共にむるとぅむに

袖を引きつれすでぃをぅふぃちつぃり 立ち出でてたちいんぢてぃ

3.

花のいろいろはなぬいるいる 籠に入れかぐにいり

此処や彼処にくくやかしくに 行き巡りいちみぐい

長き春日のながきはるふぃぬ 暮るるまでくるるまでぃ

4.

帰る家路をかいるいえじをぅ うち忘れうちわしり

花をかざしてはなをぅかざしてぃ 舞ひ遊ぶまいあすぃぶ

春のけしきのはるぬちしちぬ 面白やうむしるや

 

1.

まことに都の春の空は日影ひかげ長閑のどかで、桜や梅の花が咲いている。

2.

色と匂いに誘われて、いもわかきも皆連れだって。

3.

さまざまの花をかごに入れてあちらこちらに巡りましょう。長い春の日が暮れるまで。

4.

家に帰ることも忘れて、花を飾って舞い踊る。春の景色のなんと素晴らしいことか。

げにやぢにや

  • 実に
  • まことに

諸共むるとぅむ

  • 一緒に

面白やうむしるや

  • おもむきがある
  • 素晴らしい
  • 楽しい

 

解説

揚口説あぎくどぅち」は新しい生命の息吹いぶきに春の訪れをあらわし、鮮やかに彩る種々の花をでてまれた歌曲です。

やわらかな日差しに包まれた長閑のどかな春のひと時に心浮き立つ人々の様子を描いています。

口説くどぅち形式の歌はかつて日本本土より伝わった節まわしで、七句と五句を繰り返すリズミカルな七五調しちごちょうに大和言葉を用いて春の情景を歌っています。

 

琉球寒緋桜(八重岳)

琉球寒緋桜(八重岳)

 

補足

 

舞踊演目

揚口説あぎくどぅち」は島袋光裕しまぶくろこうゆうが創作した近代の舞踊演目「若衆揚口説わかしゅあぎくどぅち」の演奏曲として構成されており、古典舞踊の様式ようしき踏襲とうしゅうした完成度の高い作品となっています。

 

画像準備中のイラスト
「若衆揚口説」 - 古典舞踊/若衆踊り

揚口説:歌詞 1. げにや都のぢにやみやくぬ 春の空はるのすら 出づる日影もいんづぃるふぃかぢん のどかにてぬどぅかにてぃ 咲くや桜にさくやさくらに 梅の花うんみぬはな 2. 色と匂ひにいるとぅにをぅ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.