音楽

「シホラア節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

ながめてもあかぬながみてぃんあかん 白菊の花のしらちくぬはなぬ

露の色そひてつぃゆぬいるすゐてぃ 咲きやるきよらささちゃるちゅらさ

 

眺めても飽きぬ白菊の花、

露の(輝く)色をえて咲いているのは清らかで美しい。

あかぬあかん

  • 飽きない

きよらちゅら

  • 清らかで美しい

 

解説

シホラア節しゅーらーぶし」は露をうけて花開く清らかで美しい白菊の姿をでてまれた歌曲です。

節名は”奥ゆかしい”、”愛らしい”という意味を持つ囃子詞”シュラヨゥ”から命名されています。

三千首の琉歌を集録した『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には本曲と同じ琉歌でまれた「シホライ節しゅーらいぶし」が収められており、節名や曲想、演奏法も似ていることから本曲は「シホライ節しゅーらいぶし」から派生した作品であるとわれています。

また一説によると、これらの歌曲は八重山に伝わる「古見の橋節くんぬはしぶし」が原歌であるとされ、歌詞には同じく”シュラヨゥ”の囃子詞がうたわれています。参考:『歌三線の世界/勝連繁雄』

 

白菊に露

白菊に露

 

補足

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.