音楽

「シヤウンガナイ節」(ニ揚調)- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

暇乞よともていとぅまぐぃゆとぅむてぃ 持つちやる盃やむつちゃるさかづぃちや

涙泡盛らちなんだあわむらち 飲みもならぬぬみんならん

 

お別れの挨拶に持った盃は、

涙が溢れて飲むことが出来ない。

暇乞いとぅまぐぃ

  • お別れの挨拶
  • お別れを告げる

 

解説

シヤウンガナイ節しょんがねーぶし」は八重山やえやま諸島を管轄かんかつする琉球王府の役人が任期を終えて首里に戻る際、現地の思い人うむいびと(愛人)との船出の別れをみ込んだ歌曲です。

本曲は与那国島よなぐにじまが発祥の地で、祖納港そないこうに連なるナンタ浜の入り江には原歌となる「與那國スンカニどぅなんすんかに」の歌碑が建てられています。

 

與那國スンカニどぅなんすんかに

1.

与那国ぬ情ゆなぐにぬなさぎ 云言葉どぅ情いくとぅばなさぎ

命ぬある間やぬてぃぬあるあいや とぅやいしゃびらとぅやいしゃびら

 

2.

波多浜下りてぃなんたはまうりてぃ 持ちゃる盃やむちゃるさかじきや

目涙泡むらしみなだあわむらし 飲みぬならぬぬみぬならぬ

 

3.

与那国ぬ渡海やゆなぐにぬとぅけや 池ぬ水心いきぬみじぐくる

心安々とぅくくぅるやしやしとぅ 渡たてぃいもれわたてぃいもり

 

1.

与那国のなさけは話す言葉がなさけ(そのもの)である。

命のある間はお付き合いしましょう。

2.

波多浜なんたはま下りて持った盃は、

涙が溢れて飲むことが出来ない。

3.

与那国を渡る海は池のような水心(静かな海)、

心安らかに渡っていらっしゃい。

ポイント

  • 思いやり
  • 他人をいたわる心
  • おもむき
  • あじわい

波多浜なんたはま

  • 与那国島の北部に位置する祖納港そないこうに連なる浜辺。名前とは違い穏やかな海である。

渡海とぅけ

  • 海を渡ること
  • 海の向こうへ渡ること

 

與那國スンカニの歌碑

與那國スンカニの歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

節名の由来

節名の由来は諸説ありますが、”しかたがない”の意である”ションガネエ”にたんはっしたもので、当時この文句を囃子詞はやしことばにした歌謡が日本全土に伝播でんぱし、各地に土着して歌いがれてきたとわれています。

また、本曲は別れの切なさや恋の苦しみ、あきらめなどをみ込んだ歌詞が多く、宮古諸島の多良間島たらまじまに伝わる「多良間シュンカニたらましゅんかに」や沖縄本島の「遊びシヤンガナイ節あすぃびしょんがねーぶし」など、どれも別離べつり哀情あいじょううたっています

参考:『原日本おきなわ/三隅治雄』

 

揚出し

現今の「シヤウンガナイ節しょんがねーぶし」は一般的に歌い出しの音程を揚出しあぎんじゃし(高く)にして演奏されています。※詳しくはページトップにある『工工四くんくんしー』の2ページ目に記載しています。

 

酒盃(泡盛)

別れの盃(泡盛)

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.