音楽

「浜千鳥節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

旅や浜宿りたびやはまやどぅゐ 草の葉の枕くさぬふぁぬまくら

寝ても忘ららぬにてぃんわすぃららん 我親のお側わやぬうすば

 

旅は浜辺を宿にして草の葉を枕にする。

寝ても忘れられないのは我が親と過ごした(日々である)。

※民謡(2番以降の歌詞は下記参照)

 

解説

ひとり故郷を後にしてつの郷愁きょうしゅうの思いを浜辺でかなしそうに鳴く千鳥の姿に映し重ねてまれた歌曲です。

浜千鳥節はまちどぅりぶし」はうるま市田場うるましたばに位置する赤野あかの海岸(赤野あかのの浜)が発祥の地で、浜の入り江には本曲の歌碑が建てられています。

浜千鳥節はまちどぅりぶし」の解説板には以下の文面が記されています。

今から約ニニ〇年前の一八〇〇年頃、第ニ尚氏しょうし一七代尚灝王しょうこうおうの時代、伊波筑登之親雲上いはちくどぅんぺーちんは、王府の出納係をしていたが、職務上で誤りを犯したと勘違いをし、おとがめを恐れ親兄弟の元を逃げるようにして首里を後にした。

後にたどり着いたのが赤野の浜であったといわれている。

伊波はそこにとどまり、草の葉を枕に野宿をしていたが、情けない姿に郷愁感きょうしゅうかん寂寥感せきりょうかんにさいなまれ遠く離れた愛しい人や親兄弟を思う気持ちは募るばかりであった。

浜辺で泣く千鳥の声に一層郷愁きょうしゅうを誘われてんだ詩が浜千鳥だといわれている。(中略)

浜千鳥はまちどりの踊りは明治二十四年、琉球王府の御冠船踊りうかんしんうどぅいの最後の継承者である玉城盛重たまぐすくせいじゅうによって振り付けられた。(中略)

雑踊りぞううどぅいの代表作として親しまれ、文化的にも価値の高いものとされている。

引用:うるま市教育委員会 赤野区浜千鳥フェスタ実行委員会

 

浜千鳥節の歌碑

浜千鳥節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

民謡

浜千鳥節はまちどぅりぶし」は沖縄の方言で「ちじゅやー」と呼ばれており、大衆の民謡曲として愛唱あいしょうされてきました。

もとは四つの古歌をつないだ琉球舞踊「浜千鳥はまちどぅり」の舞踊曲として、二番以降の歌詞は振付のために構成されたとわれています。

 

浜千鳥節はまちどぅりぶし(民謡)

1.

旅や浜宿りたびやはまやどぅゐ 草の葉の枕くさぬふぁぬまくら

寝ても忘ららぬにてぃんわすぃららん 我親のお側わやぬうすば

 

2.

旅宿の寝覚めたびやどぅぬにざみ 枕そばだててまくらすばだてぃてぃ

思出しゆさ昔うびじゃしゅさんかし 夜半のつらさゆふぁぬつぃらさ

 

3.

渡海やへぢやめてもとぅけやふぃぢゃみてぃん 照る月や一つてぃるつぃちやふぃとぅち

あまも眺めよらあまんながみゆら 今宵の空やきゆぬすらや

 

4.

しば木植ゑて置かばしばきういてぃうかば しばしばといまうれしばしばとぅいもり

真竹植ゑておかばまたきういてぃうかば またもいまうれまたんいもり

 

1.

旅は浜辺を宿にして草の葉を枕にする。

寝ても忘れられないのは我が親と過ごした(日々である)。

2.

旅の宿で目が覚めて枕に頭を傾けていると、

思い出されるのは昔のこと、夜半のつらいことよ。

3.

海を向こうに隔てていても照る月は一つ、

貴方も眺めているでしょう今宵の空を。

4.

しば木を植えておきますので、一度ならず度々おいでください。

真竹を植えておきますので、またいらしてください。

そばだててすばだてぃてぃ

  • そばだてる = 枕に頭を傾けて、枕にもたれる

渡海とぅけ

  • 海を渡ること
  • 海の向こうへ渡ること

あまあま

  • 貴方 = 女性が愛する男性に対して呼ぶ敬称
  • あのお方

※男性が愛する女性に対して呼ぶときは「あれあり」と呼ぶ。

しば木しばき

  • クスノキ科の常緑高木
  • ヤブニッケイ(植物名)

※しばしばと掛けている。

真竹またき

  • 最もよく見られる竹の一種

※またと掛けている。

 

浜に佇むシロチドリ

浜に佇むシロチドリ

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.