音楽

「昔嘉手久節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

もいこ花小花むゐくばなくばな ものもいはぬばかりむぬんいゃんばかゐ

露はうち向てつぃゆわうちんかてぃ 笑て咲きゆさわらてぃさちゅさ

 

茉莉花まつりかの小さい花がまるで話をするかのように、

露を受けて嬉しそうに咲いている。

もいこ花むゐくばな

  • 茉莉花まつりか、ジャスミン。1~3mほどの常緑低木に小さな白い花を咲かせるモクセイ科ソケイ属の植物。強く甘い芳香ほうこうを持つことが特徴で、沖縄では日常的に飲まれている”さんぴん茶”の香り付けに利用されている。

 

解説

昔嘉手久節んかしかでぃくぶし」は奄美大島あまみおおしまの北部に位置する大島郡竜郷町嘉渡おおしまぐんたつごうちょうかどが発祥の地で、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「嘉伝古節」の節名で本曲が収められています。

茉莉花まつりかは一年を通して一日だけ、夜から翌日の昼頃まで花を咲かせる一夜花で、甘い香りを放ち、小さな白い花を咲かせます。

限られた時間の中で懸命に花開くその愛らしい姿は、昔から人々の心を魅了してきました。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

茉莉花(ジャスミン)

茉莉花(ジャスミン)

 

補足

 

逸話

昔嘉手久節んかしかでぃくぶし」の接頭語せっとうごである「んかし」に関する逸話いつわが残されています。

以下、『嗣周・歌まくら』那覇出版社より引用。

昔嘉手久節んかしかでぃくぶし」は御茶屋御人衆(※2)のお一人である国嶋親雲上の作です。

ある日、国嶋親雲上が「本嘉手久節むとぅかでぃくぶし」を演奏しようとして歌い方を忘れ、こうかああかと弾きだしたのがこの曲で、誰ということなく昔節んかしぶしの節が入っているからとて、一番あとにできた節ですが「昔嘉手久節んかしかでぃくぶし」としたそうです。

節名の頭にある「んかし」と「むとぅ」はできた順序をあらわすものではありません。

 

御茶屋御人衆(※2)

摂政せっせい(国王の補助役)、三司官さんしかん(行政の最高責任者)、お初め表十五人おもてじゅうごにん(国務大臣)をお勤めなされた方々、また諸奉行(諸行政機関の長官)などを退官なされた方々で御茶屋御殿うちゃやうどぅん(迎賓館)で国王のお話相手を勤める。

参考:『嗣周・歌まくら』那覇出版社

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.