音楽

「道輪口説」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

一度栄えばふぃとぅたびさかゐば 一度衰ふふぃとぅたびうとぅる 世の中の習ゆぬなかぬなれ

思ひ知る身のうむゐしるみぬ あはれ果敢なやあわりはがなや

裾は結んですすわむすぃんでぃ 肩に打ち掛けかたにうちかき

やつれ出たるやつぃりいんぢたる 姿言葉もすぃがたくとぅばん 今に引きかへいまにふぃちかゐ

島の島々しまぬしまじま 里の里々さとぅぬさとぅざとぅ 巡りめぐりてみぐりみぐりてぃ

人形買ひんしやうれにんぢょうけんしょうり 仏買ひんしやうれふとぅきけんしょうり 人形の数々にんぢょうぬかずぃかずぃ

起上り小法師にうちりくぶしに 若衆人形わかしゅにんぢょう 馬乗仏うんまぬゐぶとぅき

これ見で童くりんでぃわらび 鳴子鼓やなりくつぃづぃみや

ホロロンホロロンほろろんほろろん ホロホロホットほろほろほをっと

 

一度栄えておとろえることは世の中の定めであると、

身にしみて感じる我が身のはかなさよ。

すそを結んで肩に打ち掛けを羽織はおり、

みすぼらしい格好と言葉にすっかり変わってしまった。

多くの島や集落を巡りめぐって、

人形をお買いくだされ、仏をお買いくだされ、色々の人形を(取り揃えてあります)

起き上り小法師、若衆人形、馬乗仏。

これをご覧なさい子どもたち、鳴子に太鼓だよ。

ほろろんほろろんほろほろほっと。

なれ

  • 習わし
  • さだめ

やつれやつぃり

  • みずぼらしい姿に変装するさま

鳴子なりく

  • 木の板に木片を付けて打ち鳴らす道具。古くより農作物を荒らす野鳥を追い払うときに使用されていた。
  • 近年では打楽器として用いられることもある(高知のよさこいなど)

つづみ

  • 胴の中央部がくびれた両面太鼓
  • 太鼓の一種

 

解説

道輪口説みちわくどぅち」は組踊くみうどぅい(※1)「義臣物語ぎしんものがたり」の演奏曲として構成されている歌曲で、主人公がおもちゃ売りに身をやつし、主君のご子息(若按司わかあじ)を探しに出かける場面で演奏されます。(※物語あらすじは下記参照)

口説くどぅちの前半部は栄枯盛衰えいこせいすいを繰り返す人の世のはかなさに現在置かれている我が身の心境を映し重ねてまれており、後半部はおもちゃ売りに身をやつして村々を巡り、若按司わかあじの手がかりとなる情報を探しながら旅に出る道行を歌っています。

歌詞の最後にある”ホロロン ホロロン~”の語句の由来については諸説ありますが、歌詞のひとつ前に登場する鳴子なりくが古くより農作物を荒らす野鳥を追い出すときに使用した道具であることから、鳥の鳴き声をあらわす擬声語ぎせいごとして表現し、歌全体のおさまりをつけるために用いられた語句ではないかと考えます。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

各地を巡る(イメージ)

各地を巡る

 

「義臣物語」

沖縄本島南部の島尻大里を拠点とする高嶺たかみね按司あじは、常日頃よりていたらくな生活を繰り返しており、朝から晩までお酒を飲んでは遊楽に溺れ、自国の治世ちせいかえりみなかったため城下で働く民衆は苦しい境遇に置かれていました。

部下である国吉の比屋くによしのひやはこの状況を見兼ね、高嶺たかみね按司あじ忠言ちゅうげんしますが聞き入れてもらえず、主君に対する物言いをおこなったため役職を剥奪はくだつされてしまいます。

その後、徐々に求心力を失っていく高嶺たかみね按司あじを知ってか知らぬか、敵方である首里の鮫川さめかわ按司あじが攻め入り、ついには落城してしまいます。

一連の騒動を知った国吉の比屋くによしのひやが人形(おもちゃ)売りに身をやつし、残された高嶺たかみね按司あじの子ども(若按司わかあじ)探し歩いて、とうとう再開を果たします。

その後、主君のかたきを討つために同志をつのりますが賛同する者はもはや誰もいません。

国吉の比屋くによしのひやはやむなく単身で敵方に忍び込むことを決意し、火攻めを仕掛けますが瞬時のところで見つかってしまいらえられてしまいます。

しかし、一人最後まで主君の忠誠を守り抜いた国吉の比屋くによしのひやに対して、鮫川さめかわ按司あじは心を打たれ、「親の罪科は子に及ばない」として国吉の比屋くによしのひやの願い通り、高嶺たかみね按司あじの領地を子ども(若按司わかあじ)にがせることを約束しました。

 

略歴

田里朝直たさとちょうちょく(1703年-1773年)
1756年の冊封式典で踊奉行おどりぶぎょうを務める。
代表作である「万歳敵討まんざいてぃちうち」、「義臣物語ぎしんものがたり」、「大城崩うふぐすぃくくじり」を朝直ちょうちょくの三番と称す。

 

補足

 

舞踊演目

道輪口説みちわくどぅち」は移り変わる季節に色めく秋の情景を描いた舞踊演目「秋の踊り」の演奏曲として構成されており、その際は下記の歌詞で歌われます。

 

道輪口説みちわくどぅち(若衆秋の踊り)

 

空も長月そらもながつき はじめ頃かやはじめごろかや 四方の紅葉をよものもみじを

そめる時雨にそめるしぐれに ぬれて牡鹿のぬれておじかの

なくもさびしきなくもさびしき 折に告げくるおりにつげくる

雁の初音にかりのはつねに 心うかれてこころうかれて ともにうちつれともにうちつれ

出る野原のいずるのはらの 桔梗苅萱ききょうかるかや 萩の錦をはぎのにしきを

きてもみよとやきてもみよとや 招く尾花がまねくおばなが 袖の夕風そでのゆうかぜ

吹くも身にしむふくもみにしむ 夕日入江のゆうひいりえの 海士のころもやあまのころもや

さおのしづくにさおのしずくに 袖をぬらしてそでをぬらして 波路はるかになみじはるかに

沖に漕ぎ出ておきにこぎいで 月は東のつきはひがしの 山の木の間にやまのこのまの 今ぞほのめくいまぞほのめく

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.