音楽

「前之浜節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

前之浜にめぬはまに 前之浜にめぬはまに 雪雨のふゆいゆちあみぬふゆゐ

雪雨やあらぬゆちあみやあらん 雪の真米ゆちぬまぐみ

 

渡地わたんぢの前の浜に(繰り返し = 強調)、雪雨(みぞれ)が降っていると思ったら、

それは雪雨(みぞれ)ではなく、雪のように真白いお米である。

雪雨ゆちあみ

  • 雨のような雪  = みぞれ

※1972年5月、沖縄の本土復帰を機に設置された沖縄気象台の観測開始以降、過去2回(1977年2月、2016年1月)みぞれが降った記録がある。

 

解説

前之浜節めーぬはまぶし」は真っ白いお米をたくさん積んだ船の賑わいに世の泰平たいへいしゅくしてまれた歌曲です。

本曲の節名は那覇港北岸に位置する那覇市通堂町なはしとんどうちょうに由来しています。

当時、この一帯は渡し舟や帆船が往来おうらいする風光明媚ふうこうめいびな場所で、陸から少し離れた場所に橋でつながる渡地わたんぢと呼ばれる小さな島が浮かんでいました。

渡地わたんぢは明治初年に埋め立てられ地続ぢつづきになりましたが、対岸の垣花かきのはな(現在の那覇軍港)へつづく渡船場とせんじょうの機能を果たし、その前方に広がる浜辺のことを「前の浜めーぬはま」と呼んでいました。

前之浜節めーぬはまぶし」の音数率は琉歌の八・八・八・六調とは異なり、早節型(不定型詞)と呼ばれる五・五・八・八・六調でまれています。

 

那覇港(通堂町一帯)

那覇港(通堂町一帯)

 

補足

 

那覇港

琉球王国は南海の地の利を生かし、那覇港を拠点に日本本土、中国をはじめとする諸外国との貿易で繁栄を築いてきました。

 

那覇港

那覇港 - 提供:那覇歴史博物館

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「前之浜節めーぬはまぶし」が舞踊曲として演奏される「前の浜めーぬはま」について解説しています。

 

前の浜のアイキャッチ画像
「前の浜」 - 古典舞踊/二才踊り

前之浜節:歌詞   ”エイエイえいえい” 前の浜にめぬはまに 前の浜にめぬはまに ちり飛びゆるちりとぅびゅる ”サさ” 浜千鳥はまちどぅり ”エイサえいさ” 友呼ぶ声はとぅむゆぶくいわ ちり ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.