音楽

「ハヤリグワイニヤ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

けふのいからしやきゆぬいからしや たがすいからしゆがたがすぃいからしゅが

首里天ぎやなししゅゆゐてぃんぢゃなし 御祝やことうゆうぇやくとぅ

 

今日、よろこきょうじているのは誰のためのよろこびか、

それは首里にいる国王様の御祝いであるからです。

いからしいからし

  • よろこきょうじる
  • 寿ぐ

首里天ぎやなししゅゐてぃんじゃなし

  • 琉球王朝時代の国王の敬称
  • 首里天 = 首里城の国王
  • ぎやなし(加那志じゃなし) = ~様といった敬称に用いる

 

解説

ハヤリグワイニヤ節はやりぐぇーなぶし」は国王の祝宴を寿ことほぎ、琉球王国の繁栄を予祝よしゅくしてまれた歌曲です。

本曲は古くより歌い継がれてきた祈願歌「クェーナ」に由来するとわれています。

史料によってはコイナ、クワイニヤなどとも記されており、語源は鳥の鳴き声を意味する囃子ことば”コイナくいな”にちなんでいるようです。

また、「ハヤリ」の意味に関しては当時世間で流行していた歌、もしくはその形式を模した歌であるという説が有力です。

 

補足

 

祭祀行事

首里城では「百人御物参ももそおものまいり」という祭祀さいし行事がおこなわれていました。

最も神聖な場所とされる首里森御嶽すいむいうたきをはじめ城内の御嶽うたき(聖域)を巡拝じゅんぱいし、神歌(クェーナ、オタカベ)を唱え、琉球王国の繁栄を祈願しました。

 

首里森御嶽

首里森御嶽

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.