音楽

「遊子持節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

いやういいやういいょうゐいょうゐ 泣くなやうなくなよう

わが按司の飛び御衣わがあじぬとぅびんしゅ わが按司の舞ひ御衣わがあじぬめんしゅ

六つまたの倉にやうむつぃまたぬくらによう 八つまたの内にやうやつぃまたぬうちによう

稲束の下にやううんにづぃかぬしたによう 粟束の内にやうあわづぃかぬうちによう

置きぶるみしちやうんやううちぶるみしちょんよう 置きざるししちやうんやううちざるししちょんよう

寝なしおきて泣くなやうになしうきてぃなくなよう 泣かなれば呉ゆんやうなかなりばくぃゆんよう

遊ばはど呉ゆんだうあすぃばわどぅくぃゆんど

 

よーしよーし、泣くのはお止め、

わが按司あじの飛び御衣は、わが按司あじの舞い御衣は、

六つまたの倉に、八つまたの中に、

稲束の下に、粟束の中に、

置き古されている、置き晒されている、

目が覚めても泣くのはお止め、泣かなければあげるよ。

遊んでいればあげるよ。

按司あじ

  • 国王の親族に位置する特権階級。各地域を領地として与えられ自陣じじんの領地の名をとって家名にするならわしがある。

御衣んしゅ

  • 王族の衣服
  • お召し物

呉ゆんくぃゆん

  • 与える
  • あげる

 

解説

遊子持節あすぃびくゎむちゃーぶし」は組踊(※1)の創始者である玉城朝薫たまぐすくちょうくんが原歌の旋律を借用して作詞を手掛け、自身の作品である「銘苅子みかるしー」の演奏曲として構成されています。

姉弟が野原で遊ぶ一場面で姉が弟をあやすときの子守歌としてが本曲が演奏されます。

遊子持節あすぃびくゎむちゃーぶし」の内容は物語のカギとなる天女の羽衣のを知る手がかりが書きつらねています。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。国劇である組踊くみうどぅいの創始者であり、多くの芸術作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

「銘苅子」

農夫の銘苅子が畑仕事を終えて戻る道中、松の木周辺に光が差し込み、また、芳香ほうこうが漂っているので不思議に思って見回してみると、羽衣を松の木にかけて近くの井泉で髪を洗っている天女を発見します。

銘苅子は黙って羽衣を持ち去ろうとすると、天女に呼び止められ押し問答もんどうが繰り広げられます。

最終的に羽衣を取り返すことができないと悟った天女は銘苅子の望み通りこの地で夫婦になることを受け入れます。

月日が経ち、やがて二人の間には一男一女の子供が生まれます。

ある日、弟をあやすために姉が歌った子守歌から、羽衣が倉の中に隠されていることを知ります。

天女(母)は子供たちと別れる悲しみを抱えつつも羽衣を見つけ出し身にまとい、嘆き悲しむ子供たちの姿に心を痛めながらも天に舞い戻っていきました。

その後、一連の話を聞いて子供たちを不憫ふびんに思った首里王府は、姉を城内で養育し、弟は年頃になれば王府の役人として採用し、銘苅子は士族の位をさずけることを告げられて物語の幕を閉じます。

琉球国由来記によれば、後に姉は琉球国王である尚真王しょうしんおう(在位:1477-1526)の夫人となり、王女が誕生したとの言い伝えが残されています。

 

松の木を照らす光

松の木を照らす光(イメージ)

 

補足

 

逸話

那覇市銘苅なはしめかる2丁目の公園用地内の一角は組踊「銘苅子みかるしー」のゆかりの地とされ、天女が髪を洗ったとされる井泉「シグルクガー」が拝所としてまつられています。

「シグルクガー」は古くより銘泉めいせんとして知られ、首里の王様が城内の生活飲料水として利用している龍樋りゅうひと味比べした逸話が残されています。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.