音楽

「津堅節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

勝連の按司やかつぃりんぬあじや だんぢよとよまれるだんぢゅとぅゆまりる

たけほども姿たきふどぅんすぃがた 人にかはてふぃとぅにかわてぃ

 

勝連の按司はまことに評判が良い、

背丈や風格が(堂々たるもので)並みの人と違う。

だんぢよだんぢゅ

  • 本当に
  • まことに
  • いかにも
  • 道理で
  • なるほど

とよまれるとぅゆまりる

  • 評判が良い
  • 名高い

たけほどたきふどぅ

  • 背丈

 

解説

津堅節つぃきんぶし」は組踊(※1)の創始者である玉城朝薫たまぐすくちょうくんが原歌の旋律を借用して作詞を手掛け、自身の作品である「二童敵討にどうてぃちうち護佐丸敵討ごさまるてぃちうち)」の演奏曲として構成されています。

父親のかたきを討つため踊り子にふんした兄弟が敵方である勝連城かつぃりんじょう阿麻和利あまわりうたげの席でめ立て、相手が油断したところを首尾しゅびよくち取る一幕で演奏されます。

お酒に酔った阿麻和利あまわりが気分を良くして踊る場面では「津堅節つぃきんぶし」の軽快なリズムに合わせて乱拍子の舞(特殊な足使い)が効果的に表現されます。

勝連城かつぃりんじょううるま市勝連南風原うるましかつれんはえばるの小高い丘に築かれ、東西に長く連なる城壁からは護佐丸ごさまる居城きょじょうしていた中城城なかぐすくじょうを一望することが出来ます。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。国劇である組踊くみうどぅいの創始者であり、多くの芸術作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

「二童敵討」

天下取りの野望を抱く勝連城かつぃりんじょう阿麻和利あまわりは、目先の邪魔者であった護佐丸ごさまるをだましちにして中城城なかぐすくじょうを攻め滅ぼします。

阿麻和利あまわりに父親(護佐丸ごさまる)の命を奪われた鶴松と亀千代の兄弟は、敵の目を逃れながら父親の敵討かたきうちの機会をうかがっていました。

ある日、阿麻和利あまわりが野遊び(うたげ)を開く情報を耳にした兄弟は、ようやくかたきつ機会が訪れたと母親に意を決意し、父親が愛用していた守り刀(短刀)を授かり、いざ敵陣へ向かいます。

踊り子にふんした兄弟は、うたげの場で踊ったり酒をついだりして、徐々に阿麻和利あまわりを酔わせていきます。

気分を良くした阿麻和利あまわり褒美ほうびとして団扇や太刀、着用している陣羽織まで次々に与えていきます。

丸腰になって調子よく踊っている阿麻和利あまわりの隙を見逃さず、兄弟はついに父親の敵をつことに成功します。

 

勝連城跡

勝連城跡

勝連城跡(景観)

勝連城跡(景観)

 

補足

 

原歌

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※2)には「津堅節つぃきんぶし」が収められており、勝連間切津堅村(現・うるま市・津堅島つけんじま)の出自が記されています。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※2)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

津堅節つぃきんぶし

津堅渡の渡中つぃきんどぅぬとぅなか 汗はてど漕ぎゆるあしはてぃどぅくじゅる

無蔵に思なせばんぞぅにうみなしば ちゆおわいくなからちゅうぇーくなから

 

津堅島の難儀な沖合を渡るには汗をかいてがなければならないが、

大切な女性のことを思えば、一漕ぎ半ひとこぎはん(で行くことが出来る)。

津堅渡つぃきんどぅ

  • 津堅島の難所の海

無蔵んぞぅ

  • 親しみを込めて男性が女性を呼ぶときの言葉。対して、女性が男性を呼ぶときは「さとぅ」と言う。

ちゆおわいくなからちゅうぇーくなから

  • 一櫂半ちゅうぇーくなから = 一漕ぎ半

うぇーく = 水を漕ぐための道具。

 

津堅島(空撮)

津堅島(空撮)

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.