音楽

「久米阿嘉節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

阿嘉のひげ水やあかぬふぃぢみづぃや 上んかいど吹きゆるうぃんかゐどぅふちゅる

かまど小が肝やかまどぅぐわがつぃむや のぼりくだりぬぶゐくだゐ

 

阿嘉あかのひげ水は上に吹き上げている

かまどぐわの心は上がったり下がったりしている

阿嘉のひげ水あかぬふぃぢみづぃ

  • 久米島の阿嘉あか集落にある断崖に掛かる小さな滝。滝が北風によってあおられると、白いひげのように吹き上がることからその名が付く。

かまど小かまどぅぐわ

  • 娘の名前

ちむ

  • 心情しんじょう
  • 気持ち
  • ハート
  • 肝臓かんぞう

 

解説

久米島くめじま阿嘉あか集落の名所「阿嘉のひげ水あかぬふぃぢみづぃ」の光景に、村で暮らす娘の恋情を映し重ねてまれた歌曲です。

久米阿嘉節くみあかぶし」は島尻郡久米島町阿嘉しまじりぐんくめじまちょうあか久米島くめじま)が発祥の地で、島の北東部に位置する下阿嘉しもあかバス停車場より徒歩圏に本曲の歌碑が建てられています。

島では「阿嘉から節あかからぶし」と呼ばれており、阿嘉あか集落の娘と首里から来た若い村役人が繰り広げる恋物語を中心にいくつかの琉歌がまれています。

 

久米阿嘉節の歌碑

久米阿嘉節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

阿嘉から節の歌碑

阿嘉から節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

阿嘉のひげ水あかぬふぃぢみづぃ

阿嘉のひげ水あかぬふぃぢみづぃ」の一帯は砂粒子が積み重なって出来た断層だんそう地帯で、堆積物たいせきぶつの亀裂から湧き出る水が小さな滝を形成しています。

断崖だんがいから落ちる滝が北風にあおられると水飛沫みずしぶきが舞い、上下に吹き上がる様子は印象的な光景です。

 

阿嘉のひげ水

阿嘉のひげ水

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.