音楽

「小浜節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

小浜てる島やくばまてぃるしまや 果報の島やればかふぬしまやりば

大岳はこしやてうふだきわくしゃてぃ 白浜前なちしるはままいなち

 

小浜という島は果報の島である

大岳を背に(後ろに)、白浜を前にして

小浜くばま

  • 小浜島こはまじま = 沖縄本島より南西約400km離れた八重山諸島のほぼ真ん中に位置する周囲約16.5kmの島。

果報かふ

  • 幸運
  • 良いこと

大岳うふだき

  • 標高約99mの小高い山。島では一番高い山で頂上の展望台からは島全景を見晴らすことができる。

こしやてくしゃてぃ

  • 後方

白浜しるはま

  • 白い砂浜(地名ではない)

 

解説

小浜節くばまぶし」は島を囲むように連なる白い砂浜と島の象徴として名高い大岳うふだきの景観を賛美してまれた歌曲です。

小浜島こはまじまでは毎年旧暦八月になると五穀豊穣ごこくほうじょう無病息災むびょうそくさいを祈願する結願祭きつがんさいがおこなわれ、奉納芸能の舞台では「小浜節くばまぶし」の原歌となる古謡が代々歌いがれてきました。

現地の言葉では「小浜節くもーまぶし」と呼び、かつて小浜島を管轄かんかつしていた琉球王府の役人が琉歌調に改編して作られたものとわれています。参考:『八重山民謡誌/喜舎場永珣』

 

小浜島(空撮)

小浜島(空撮)

 

補足

 

歌碑

小浜島で一番高い大岳うふだきの頂上には本曲の原歌となる「小浜節くもーまぶし」の歌碑が建てられており、展望台から見晴らす小浜島こはまじまの豊かな自然を賛美し、豊穣・豊作の祈りを込めてうたわれています。

また、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「小浜節くばまぶし」が収められており、八重山小浜嶋(現・小浜島こはまじま)の出自が記されています。

尚、三線楽譜によっては本曲(ニ揚調にあぎちょう)の節回しを本調子ほんしょうし(基本の調子)に調弦ちんだみして演奏する場合があります。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

小浜節の歌碑(大岳頂上)

小浜節の歌碑(大岳頂上) - 提供:歌碑を訪ねて西東

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.