音楽

「鳩間節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

鳩間中森はとぅまなかむり 走り登りはりぬぶり

こばの下くばぬした 走り登りはりぬぶり

(囃子)

ハイヤヨゥ ティバ カイダキ シトゥルトゥ

テンヨー サティミグトゥ

 

鳩間島の中岡を走って登り

クバの下を走って登り

(囃子)

南の方は美しい山なみが手に取るように見えて素晴らしい景観である

鳩間はとぅま

  • 鳩間島はとまじま = 沖縄本島より南西約400km離れた八重山諸島に位置する離島。
  • 西表島より北方に浮かぶ周囲3.5kmの小島。
  • 鳩間島はとぅまじまの由来は鳩が多く生息する島にちなんでいる。

中森なかむり

  • 鳩間島はとまじまに立つ標高34mの小高い丘
  • 中森 = 中岡とも呼ぶ

こばくば

  • ヤシ科の常緑樹じょうりょくじゅ、別名ビロウと呼ぶ。

 

解説

鳩間島はとまじまにはクバが群生する3つの森があり、中央に位置する小高い丘を「鳩間中森」と呼び、島の憩いの場所として大切に守られてきました。

鳩間節はとぅまぶし」はこの「鳩間中森」から見晴らす西表島いりおもてじまの景観を賛美してまれた歌曲です。

鳩間島はとまじまでは旧暦八月になると五穀豊穣ごこくほうじょうをはじめ、諸々の祈願を結ぶ「結願祭きつがんさい」がとりおこなわれ、奉納芸能では丘の名をとった「鳩間中森」の祝儀舞踊があり、古装にタラシ花を頭から背中に流し四つ竹をもって優雅に演じられます。

 

鳩間中森より西表島を望む

鳩間中森より西表島を望む

 

補足

 

舞踊演目

祭礼の場で継承されてきた奉納舞踊「鳩間中森」を原曲に軽快なテンポにアレンジして振り付けられた踊りが近代に創作された雑踊りぞううどぅい(※1)「鳩間節はとぅまぶし」になります。

歌詞は四番まであり、「鳩間中森」を舞台に当時の人々の生活様式が描かれています。

かつて鳩間島はとまじまは水田を耕すことが困難な土地柄であったため、隣の西表島いりおもてじままで舟に乗って通い耕作をおこなっていました。

収穫した稲や粟を満載に積んで浜を行き交う光景に、島の繁栄を祈る人々の願いが込められています。

 

雑踊りぞううどぅい(※1)

明治16年(1883)頃、琉球芸能が初めて入場料を取って興行こうぎょうがおこなわれて以来、芝居小屋で創作振り付けられた近代の舞踊。

琉球王朝が崩壊した後、歓待芸能を職としていた者が率いて踊りを披露していました。

 

鳩間節はとぅまぶし

1.

同上

2.

美しやむりたるかいしゃむいたる 岡のこばむりぬくば

美らさつれたるちゅらさつぃりたる 頂のこばつぃづぃぬくば

3.

稲穂積みつけいなふつぃんつぃき 面白やうむしるや

粟穂積みつけあわふつぃんつぃき さて見事さてぃみぐとぅ

4.

前の渡よまいぬとぅゆ 見渡せばみわたしば

往く船来る船いくふにくるふに 面白やうむしるや

 

1.

同上(※2番以降、囃子省略)

2.

美しく生い茂った森のクバよ、

美しくならんだ頂上のクバよ。

3.

稲を積み重ねて、なんと素晴らしいことか

粟を積み重ねて、なんと見事なことか。

4.

前の海を見渡せば、

行く船、来る船が行き交い、たいそう趣がある。

美しやかいしゃ

  • 美しい

※「愛しい」、「可愛らしい」などの愛情表現を含んだ意味合いで用いられる。

美らちゅら

  • 綺麗
  • 美しい
  • 清らか

※一説によると、清らちゅら"の字をあてることが正しいとのこと。

むりたるむいたる

  • 生える

つれたるつぃりたる

  • ならんで

面白やうむしるや

  • 趣がある
  • 風流である
  • 素晴らしい

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.