音楽

「沈仁屋久節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

城の前のいちゆびやぐすぃくぬめぬいちゅびゃ やのもなれやういちゆびややぬんなりよぅいちゅびゃ

わすたが籠小作てわすぃたがてぃるがまつぃくてぃ もりむかいちゆびやむゐんかいちゅびゃ

 

城の前のいちごよ、来年もみのってね、いちごよ

私たちが手篭作ってもぎ取りに行くからね、いちごよ。

いちゆびやいちゅびゃ

  • 覆盆子いちゅびゃ = イチゴ

やのやぬ

  • 来年

籠小てぃるがま

  • おさまりの良い手篭てかご

もりむかむゐんか

  • もぎ取る
  • もぎ入れる

 

解説

沈仁屋久節ぢんにゃーくぶし」はかつて首里城の敷地内で栽培されていた木イチゴの実り豊かな生育を願ってまれた歌曲です。

本曲は別名「高覆盆子節たかいちゅびやぁぶし」とも呼ばれ、節名は”木イチゴ”のことを意味し、収穫したあと実をひっくり返すとくぼみ部分が盆の形をしていることにちなんでいるそうです。

昔の絵地図には首里城の敷地内脇広場に「高覆盆子畑入口」とあり、王族が栽培管理していた記録が残されています。参照:『首里城又吉千代御内原ポンチ絵』

 

リュウキュウイチゴ

リュウキュウイチゴ

 

補足

 

養生食ようじょうしょく

高覆盆子たかいちゅびぁはバラ科キイチゴ属に分類される品種を指し、首里城では主にリュウキュウイチゴ、ホウロクイチゴの種が栽培されていたそうです。

沖縄の栄養、健康増進を記した『御膳本草ぎょぜんほんぞう』によると「気力を高め、身が軽くなる。肌の潤いを高め消化吸収を助ける。男女とも長く食べれば子宝を授かる」と記されていることから、王族の養生食として重宝されてきたのでしょう。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.